次世代経営コンサルティング

環境分野 Environmental field

地球温暖化対策

現在問題視されている地球温暖化の主な原因は、人間の活動である可能性が極めて高いといわれています。日本は、1898年から2013年の100余年で気温が1.14℃上昇しており、世界平均の0.69℃を上回っているのです。
そうした状況に対応するため、国連気候変動枠組条約(1992年採択)や京都議定書(1997年採択)などの取り組みが行われています。また、2050年までに温室効果ガス排出量を1990年に測定した値の80%に削減するという指針が設けられました。

環境に配慮した経営

環境に配慮した経営

景気回復は日本の最も重要な課題の一つですが、企業経営の上で環境に配慮した経済政策は決して無視できません。
私たちフォーバルは「環境アドバイザー」として、これからの循環型社会に貢献するため、環境に配慮したコンサルティングを実施してまいります。