イベント&セミナー情報

RSS

2018年

2018年6月14日

特需の有無に左右されず、着実に成長企業となる秘策<東京・本社>(6/14)

〜幾多の壁を乗り越え売上拡大した会社の取り組みとは〜

 フォーバルが実施している「よろず経営相談」で「売上拡大」に関する相談が全国的に増加しています。2016〜2017年では全体の6割を占めている状況です。特徴的なのが、「今は特需で何とかなっているが、その後の事業が見えない」「事業を改革するためのアイデアが浮かばない」など、売上拡大への不安を感じている点です。社長の不安を少しでも払拭し、より一層、前進していただくためのきっかけをひとつでも多く提供することが大切だと感じました。

 これまでバブル崩壊、リーマンショックなど、さまざまな壁を乗り越え続けて、10期連続営業・経常増益、2015年には東証一部上場を果たしたフォーバルが歩んできた経験をもとにした売上拡大のポイントを大公開いたします。

 また、宮城県で工務店を営む大貫建築株式会社の代表取締役の大貫氏は、2011年の東日本大震災を通じて、震災特需を経験。近年、震災特需が終わり、建設業を中心に東北企業の倒産数が増加する中でも順調に業績を伸ばし続けています。しかも活動拠点は、観光地である秋保温泉です。好調の理由をご自身のエピソードを交えながらお話しくださいます。今後の経営のヒントになれば幸いです。

■■■セミナーの詳細・お申し込みはこちら■■■


開催日時
  2018年6月14日(木) 16:00〜18:00 ※受付開始15:30

参加費
  無料

ジャンル
  中小企業経営者限定/売上拡大

講師
  西野 幸典
   株式会社フォーバル
   コンサルティングディビジョン ディビジョンヘッド

  大貫 潤平 氏
   大貫建築株式会社
   代表取締役


開催場所
   株式会社フォーバル 本社
   東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル14階

定員
 20名(先着順)※1社につき2名まで

主催
株式会社フォーバル コンサルティングディビジョン


[講師紹介]
西野 幸典
株式会社フォーバル コンサルティングディビジョン
ディビジョンヘッド

1991年フォーバル入社。これまで数1,000社の中小零細企業経営者と接して、主に情報通信技術を活用した業務効率化の支援に従事。
現在は営業、拠点長経験を活かした「経営戦略」支援を実施。また、創業者の大久保秀夫の実践型経営の伝承者としてフォーバル全社のなかで認定を受けた2人のうちの1人でもあり、経営塾などを通じた伝承活動を実施している。


大貫 潤平 氏
大貫建築株式会社
代表取締役

東日本大震災の影響により東北企業の倒産が増加する中、個人住宅販売で業績を伸ばし続けている元気な会社。「在り方経営」を営業活動に取り入れることで増収増益を続けており、同業が全国から見学に訪れるほど注目されている。大久保秀夫経営塾の卒業生でもあり、「在り方経営」を実践している経営者。



■■■セミナーの詳細・お申し込みはこちら■■■
 
 

セミナー&イベントに関するお問い合わせ、申し込み等に関しては、こちらからご連絡ください。

お問い合わせ